中学生と高校生を対象に、春休み期間にアメリカの中学校へ体験入学し、現地の生徒と一緒に授業を受けるホームステイプログラムです。

HOME > 2018年ジュニア留学 > 留学体験記
 
■ 特色
■ 募集内容
■ プログラム内容
■ スケジュール
■ 留学体験記
■ 説明会
■ 資料請求
■ 申し込み方法
■ 2017年 活動報告

●ジュニア留学の感想

僕は常々英語を学ぶ意味や勉強する意義を考えていましたが、このプログラムでその答えを見つけました。英語は相手との関係をより密接にするツールであり、世界で戦う武器でした。この10日間は英語を強化するには短かったですが、僕にとって大切な意味が濃密につまったものでした。僕は今後沢山英語を勉強して表現力を身につけたいです。テストで点数が悪くても思いを言葉で伝えられないことの方がはるかに悔しいです。今のこの気持ちを絶対に忘れたくありません。それが夢への原動力となり、僕を突き動かすと思うからです。―沖縄県那覇国際高校2年 河野瑛吾

言葉の異なる方々と一緒に暮らす不安と、両親や知り合いもいない一人の環境で暮らすという大変さを学びました。でも、一緒に乗り越えて頑張った仲間がいて、単語やジェスチャーで分かろうとして話をしてくれたホストファミリーがいたから乗り越えることができました。アメリカの生活は「自分のことは自分でする」という感じで、朝ご飯やランチまで自分で作りました。日本では親が朝ご飯を準備し、朝も起こしてくれるという親に頼った生活でした。今後の日本での生活を改善し、自立した生活にできるようにしたいです。―宮崎県木花中学校2年 中野琴美

難しかったのは、相手の言っていることが分かっても、何と返したらいいのか、自分から質問・要望をどう言えばいいのかが分かりませんでした。また、自分が伝えた事を相手が理解できない時は、別のいい方に変えたり、単語を見せたり、ノートに書いたりして伝えました。辞書を持っていなかった時は、自分から話しかけるのをためらってしまいました。失敗をしたこともたくさんあったけれど、複数の手段で違う言語の人とも交流することができ、それが出来た事で自信がつくのだということを学べて、いい経験になりました。―佐賀県佐賀大学教育学部附属中学校2年 林 亜美

言葉の伝わる嬉しさを知った事は一番成長出来た事だと思います。自分をアピールすること、毎日笑顔を忘れないこと、感謝を絶対に忘れないこと、たくさんの事を知り自分の弱さも知りました。家族がいることのありがたさ、母の偉大さや父のあたたかさ等、当たり前の事がどれだけ奇跡なのだということに気付きました。無駄な経験も時間も何一つありません。全てに意味を持ち私の武器になる、この留学も私の大事な武器になりました。―大分県山香中学校2年 片岡夏鈴

私のホストファミリーは、アジア系の方でしたので、英語以外の台湾語も学ぶことができました。そして、みんなとても優しかったです。この家族と一緒にいることができたからこそ、この10日間がこんなに楽しかったんだと思います。もう1つ印象に残っているのは、学校です。初日、日本の国旗や掲示物がたくさんあって、とても嬉しかったのを覚えています。授業、みんなの服装、ジェスチャーなども、とても日本と違っていました。毎日たくさんの発見をすることができました。私の思い出は、楽しいものばかりですが、1つだけ心残りがあります。お母さんが作ってくれたごはんを、何回か残してしまったことです。とてもおいしかったのですが、すぐにおなかがいっぱいになってしまいました。また必ずアメリカに行くと約束したので、その時は、お母さんの料理を何回もおかわりできるように、たくさん食べて胃袋を大きくしておきたいです。今回のホームステイは、私にとって、忘れられない宝物になりました。―宮崎県赤江中学校2年 岩井 美咲希

海外には一度も行ったことがなく、恐怖感しかありませんでした。英語が通じないかもしれないという不安と、異文化を体験できると言う楽しみが、半々でしたが、来てみると、ホストファミリーはすごく親切で、私の拙い英語をしっかり聞き取ってくれました。ホストファミリーとの交流で一番印象深いことは、ホストファザーと第二次世界大戦について話したことです。ホストファザーが、今は昔とは違って、留学しお互いの文化などに意見を言い合えるからいい時代だと言ったのを聞いて、自分がいかに恵まれているか考えさせられました。アメリカの学校で感じたことは、自分で考えさせたり、生徒同士で議論させたりすることが、すごく多いことです。アメリカ人のコミュニケーション能力は、このようにして培われていくんだなと思いました。私は、この留学で新しい友達と、素晴らしいホストファミリーに出会うことができました。また、アメリカの文化、気候、食事など、様々なことを学びました。この留学によって少しでも成長していたら良いなと思います。このような素晴らしい経験を私にさせてくれた、両親、周りの人々に感謝します。―鹿児島県大口明光学園高校2年 武 あゆみ

学校で4年間英語を習ったにも関わらず、実際に本場のアメリカに行くと、聞き取れませんでしたし、日本語を頭の中で英語にして話さなければならないので、時間が掛かるし、ちゃんと伝わりませんでした。学校でどんなに英語の成績が良くても、コミュニケーション力は別物だと痛感しました。コミュニケーション力には、英語力のほかにも、勇気、ジェスチャー、表情など様々な力が必要であるということを学びました。また、アメリカでは、自分から積極的に行動を起こさないと、何もできません。アメリカの学校の一日目の授業で、生徒は自分のプリントを黙って解いていて、私は3時間くらい何をしたら良いか全く分からなくて、無駄な時間を過ごしました。そこで、2日目の数学の時間、とても緊張したけれど、勇気を出して先生にプリントをもらえるか聞くと、先生は笑顔で手渡してくれました。その時に、私は何事も受け身で、誰かがしてくれることを待っていてはダメだと学びました。日本でも積極的に自分から意志を伝え、自分から行動しようと思いました。これは、気配りができて、遠慮がちな日本人と離れたからこそ、得ることができた考え方だと思います。また、学校では、白人、黒人、スペイン人、ドイツ人など、様々な国の人を見ました。そして、彼らはみんな仲良く、何の隔てもなく接していました。グローバル化が進む世界、日本でも色んな人種の人と接してみたいです。本当に貴重な体験だったと思ったし、アメリカに来れてよかったと思いました。―佐賀県佐賀西高校1年 松隈 早希子

初めてホストファミリーに会ったとき、安心したと同時に、不安が込み上げてきて、涙をこらえるのに必死でした。アメリカは文化や習慣をとても大切にしていて、食事の前のお祈り、教会に行くなど、子供も大人もそれらを当たり前のこととして捉えていました。また、小さい子供も自分の考えを主張して、学校のこと、家のことなど様々なことに対して、受け身の姿勢ではなく、とても積極的でした。慣れない環境の中で、英語を話し、ことあるごとに戸惑いを感じながらも、アメリカの文化や生活を体験したり、新しいことを学んだり、大きく成長できたと感じています。今後は、日本とアメリカを比較しながら、視野を広げていきたいです。 ―熊本県八代高校1年  廣野 真紀子

今回のホームステイでは、2つのホストファミリーにお世話になりました。1家族目はみんな優しく、あっという間の4日間でした。5歳のホストブラザーはたくさん絵を描いてくれました。別れるとき、何もしてあげられなかったと、後悔しました。でも、その経験を次の家族との生活で、活かすことが出来ました。たくさん話して、遊んで、日本語を教えたり、折り紙をしたりしました。とても喜んでくれて、やって良かったと思いました。ここから学んだことは、後悔しないことと、積極的になることです。何もしなかったら自分も楽しくないし、相手もつまらないです。言葉が通じなくても、ジェスチャーや、写真を使ったりしたら、少しでも会話を楽しむことができます。また、感謝することを学びました。親がこのホームステイに参加させてくれなかったら、私はこんなに良い友達を作ることが出来ませんでした。―鹿児島県鹿児島玉龍中学校1年  白澤 樹奈

このホームステイで得たもっとも大切なものの一つは、期間中に作りあげた人間関係だと思う。日本に帰ったら何が残るだろうと考えたとき、アメリカで出会った人、同じグループの日本人の皆との関係が少しでも続けばいいなと思いました。期間中、嫌だとか、帰りたいだとか思うことはなくて、むしろもっと長くアメリカにいたかった。毎日が飽きることのない、充実したものだった。もちろん、あの時こうしておけばよかったと後悔することもあったけど、そういうことも全部含めて良い思い出だし、楽しかった。アメリカに行ってホストファミリーと出会えて本当に良かったと思う。留学中に僕に関わってくれた人みんなに、心の底から感謝しようと思う。―福岡県久留米大学付属中学校3年  野口 瑞貴

ホストファミリーが暖かく出迎えてくれて、どんなホームステイになるのか楽しみになりました。しかし、それからが大変でした。英語で話しかけられても意味がわからない。どうしてここへ来てしまったのだろうかと、考えることも少なくありませんでした。何日かすると、なんとなく英語も分かってきて、ホストファミリーも「おいしい」など日本語を覚えてくれて、とても嬉しかったです。アメリカの学校では、出来るだけ笑顔でいることを心がけました。すると、「Hi!」と挨拶をしてくれて、笑顔はいいなと思いました。「Thank you!」と笑顔で言うと、言われた誰もが笑顔になりました。英語を話せるようになることも大切ですが、伝えようという気持ちで取り組むことが大切だと学びました。これからは、英語を学び、Tryする気持ちを忘れずにいたいです。 ―鹿児島県鹿児島大学教育学部付属中学校1年  小松 聖奈

学校では、Marinaが私のパートナーとなりました。初めて会った時は自分よりもお姉さんに見えました。授業ではみんな意欲的に取り組み、発表も積極的で見習わなければと思いました。午後は老人ホームや消防署、イースターエッグ体験したりと、どれもこれもが初めてでとても新鮮でした。アメリカ人に日本を紹介し、アメリカについて学ぶとても貴重な体験でした。ホームステイを企画した方々、支え協力してくれた両親、一緒に行動した友達やホストファミリーに感謝し、ずっとつながっていれたらなと思います。―宮崎県加納中学校2年  小金丸 歩美

私のジュニア留学の目標は「自分の意志をしっかりと相手に伝える」ことでした。嫌いな食べ物は「I don’t like it」と言えましたし、数学や理科の授業中もわかる所は手を挙げて発表するよう努めました。日本に帰ったら「何事にも積極的に挑戦する」という事を目標に頑張りたいと思います。―長崎県長崎大学附属中学校2年  鳥巣 裕子

アメリカ人は人とのつながりと大切にしていました。ホストファミリーと過ごして感じたことは、家族で過ごす時間が長いということです。私が家に帰る3時頃には子供たちは学校から帰ってきて、ホストペアレンツも4時頃には帰ってきました。だからみんなで一緒に御飯を食べたり、映画を観たりすることができました。私は日本では学校から帰るのも遅く、家に帰ってからは勉強に追われ、家族で過ごす時間が短いです。ホストファミリーは本当に仲が良く、家族で過ごす時間が長いからだと思いました。アメリカに行かせてくれた両親に感謝です。―鹿児島県加治木高校2年  東  愛奈

私は今回のホームステイで自ら進んで行動する積極性を学びました。グローバル化にあたって大切なのはコミュニケーションです。私は英語をうまく話せず、自分の思いを伝えられず、悔しい思いをしました。その時彼らは「例えばこんな事?」と私の言いたい事を積極的に理解しようとしてくれました。学校ではアメリカ式の授業を受ける事ができました。日本のように先生の話を一方的に聞くのではなく、机を囲みディスカッションをよくしていました。それもアメリカ式の自主性と積極性を育てる方法だと思いました。私の家は農家で乗馬や牛のミルクしぼりなど初体験でした。Give & Takeの精神でたくさん手伝いをしました。―大分県大分豊府中学校3年  小野 琴音

私がアメリカに行きたいと思った目的は、自分でいろんな判断ができるようになりたいと思ったからです。少しずつ社会に出て行くと、小さな判断だけでなく、大きな判断をしなければならなくなります。アメリカは、自分にうそをつかずに、Yes, Noが言えるので、自分も学ぼうと思いました。当たり前に日本で暮らしてきたことが、アメリカでは全然違う所がありました。えんりょせずに「No, thank you」と言えるのは自分の中ではおどろきでした。断る事を覚えたかったので、アメリカに来たとき一日だけ全部ことわってみました。アメリカの人たちは怒ったりせず、「OK!」と言ってくれました。それだけですごく嬉しかったです。今後もっとアメリカの良さを知り、日本の良さも発見していきたいです。―佐賀県江北中学校1年  土井 亜香音

出発までは、英語がうまくなりたい位の目標しか持っていませんでした。しかしこのホームステイでは自分の世界観を変える程のたくさんの収穫が得られました。アメリカ人の社交性と積極性には驚かされました。彼らを見習い、知らない人達と会話をし、自分の消極的な性格を変える事ができました。授業で最も印象的だったのは、生徒が積極的に手を挙げて発言し、授業のムードが明るかったです。異文化に触れることで、自国の文化、人間性を見つめ直し、アメリカの良さを自分の物にすることができました。この経験は一生の宝物です。―大分県大分西中学校3年  垣迫 大介

ジュニア留学を終えいくつかの事を学びました。それは心のタフさです。言葉の壁で伝わらなくても別の言い方をしたり、ジェスチャーや辞書を使い「どうにかして伝えよう」とする心の強さが必要です。表情も気持ちを伝える手段です。そして、感謝の大切さです。お店の人や学校で何かしてもらったら「Thank you!」と言うと皆が笑顔になりました。何事にも感謝するのも礼儀の一つです。高校になったら留学をしてたくさんのことを学びたいです。―鹿児島県鹿児島大学附属中学校1年  和田 朋子

初めてのアメリカで、誰も知らない状況の中のスタートだったけど、アメリカ人はみんな優しく受け入れてくれた。ホストファミリーはすごく親切で、行きたい所へ連れて行ってくれたり、日本の文化にも、すごく興味を持ってくれて、充実した生活を送ることができた。一番楽しかったのは学校だ。バディの子は、すごくフレンドリーで、分からないことがあると、すぐに助けてくれて、多くの友達もできた。すごく充実した10日間だった。多くのことを学べたと同時に、日本のことをたくさん伝えられてよかった。―宮崎県宮崎西高校1年 前田 萌香

私は、ジュニア留学して良かったと思う。行く直前になると、会話できるかなとか、たくさん不安が出てきたけど、今思えばそんなことはどうでも良かったんだなと思う。ホストファミリーのみんなは、とても優しくしてくれた。言葉が通じなくても、通じるまで説明してくれて、一生懸命接してくれた。私も、それに対して頑張って答えようとできたと思う。通じた時はすごくホッとするし、すごく嬉しかった。インターネットも辞書も体も全部使って話したことは、一生忘れないだろう。学校の友達は、すごく積極的に話しかけてくれた。中学校も日本とは違うところがたくさんあって、いろんなことが学べた。全部移動教室なこと、カフェテリアがあること、東西南北にわかれて行事に参加することなど、たくさんの発見ができて、すごくためになった。逆に、日本の良さも分かり、日本の文化のすばらしさを改めて実感できたと思う。私は、たくさんの知識、思い出、友達をこのホームステイで得ることができた。このたくさんのおみやげを、これからの生活にいかして、将来につなげていきたいと思う。アメリカに私の家族ができて、とても嬉しい。ステイ先の家族、このホームステイに参加させてくれた日本の家族、すべての人に感謝したい。―佐賀県東与賀中学校1年 嘉村 葉月

僕は、この留学を通して色々な事を学びました。一つ目は、本場の英語の速さが速くてびっくりしました。でも、ホストファミリーはみんな優しくて、ゆっくり話してくれ、とても助かりました。二つ目は、生活習慣です。まず、家ではくつを自分の部屋まではいて行き、そこからは、くつ下やはだしで生活していました。ご飯の時、フォークを使っていない手は、下におろしていました。お風呂は、基本的にシャワーで、しかも朝に入るという習慣でした。このホームステイに参加してよかったなと思います。また行く機会があった時は、ぜひ参加したいと思います。―鹿児島県岩川高校1年 鹿島 兼人

このホームステイで多くのことを学んだ。はじめのほうは、アメリカの人々の言っていることが全然聞き取れなかったが、日が進むにつれて、ゆっくり話してくれたり、紙に書いてくれたりと、分かろうとしてくれて、優しくしてくれた。来る前は、絶対うけないだろうと思っていた折り紙やけん玉、卵焼きを、アメリカの人は大喜びしてくれた。この1週間、色々な場所を見た。アメリカの家、道路、街、ショピングセンター、映画館、教会、シアトル。そして、文化の違いをたくさん見た。そして、分かったのが、日本人は遠慮というものをマナーの1つとするが、アメリカ人は遠慮をすると、本当に大嫌いで、嫌なことなのだと勘違いしてしまうということである。そこが、日本人の私がしばらく戸惑ってしまったことである。アメリカ人の行為は、温かくちょうだいし、自分も何かをしてあげるということが、よしということを学んだ。またアメリカ人は、誰かが話をしている時は静かにその人の話を聞くということを、日本よりも重んじていると感じた。また、アメリカのしつけは、子供が何か成し遂げた時はびっくりするほどほめ、本当にいけないことをした時はしかるが、失敗は決してしからず、見守り、励ますを重んじていた。見習いたいと私は思った。今回のジュニア留学で、色々と悲しい事や困った事はたくさんあったが、そんなことは、温かい人たちに触れたら全部消えた。―大分県大分工業高等専門学校3年 M田 恵理

まず初めに、今回MNCCのプログラムに参加する機会を与えてくれた両親に心から感謝します。この留学で得たもの、出会った人たちを私は一生忘れません。ホストファミリーは、本当に親切ないい家族でした。気持ちを素直に表現するので、人前でもキスハグが普通に行われて、少し目のやり場に困りました。それが1番のカルチャーショックです。学校の時間割やファーストランチ、セカンドランチなど、日本と違うシステムを体験できて楽しかったです。バディの子もとても優しくて、年下なのに心強かったです。シアトルの観光もすごく勉強になりました。何もかもが楽しくて仕方なかったです。あっという間でした。でも内容はとても濃く、中でもホストファミリーとの出会いは私の一生の宝物です。国境を越えて、言葉もなかなか通じないけれど、こんなにも大切に思える人たちに出会えたことにただただ感謝です。帰国してからもずっと連絡を取り続けたいと思います。将来的には、私の結婚式もしくはホストシスターたちの結婚式に招待したりされたりする関係でいられたら素敵です。言葉では上手く表現できないけれど、本当にきてよかったです。この仲間達と参加できたこと、行き先がシアトルだったこと、私のホストファミリーに出会えたこと、全てが偶然で運命なんだと思います。今回の留学を支えてくださった先生、TCのお2人、そして両親、全ての人に感謝しています。この幸せをこの先もたくさんの学生が経験しますように。本当にありがとうございました。―宮崎県日向学院高校1年 長友 萌

この10日間、すごく短かった。本当にあっという間に過ぎてしまった。ホストファミリーや学校の友達にやっと慣れはじめたころなのに、終わってしまった。最初にアメリカに来たとき、あんまりアメリカって感じがしなかった。でも、ホストファミリーに会って、アメリカに来たんだなと思った。ホストファミリーはすごく優しくしてくれた。特に、ホストシスターのErinは1日中といっていいほど私のお世話をしてくれた。本当に嬉しかった。学校は違ったけど、すごくすごく優しかった。学校にいる時は別のバディ(Savanna)が私のお世話をしてくれた。Savannaもすごく優しかった。私とSavannaが会うことができる最後の日に、「Good by present」と言ってプレゼントをくれた。本当にSavannaとは短い時間だったけど、プレゼントまで用意してもらっている事がすごくうれしかった。ホストファミリーからも、おかしをたくさんもらった。その中には、手紙も入っていた。友達に訳してもらい、読んでもらった。ホストファミリーと別れた後だったから、すごく悲しい気持ちと、手紙をもらったうれしさで泣いてしまった。ホストファミリーと別れる時も泣いた。ホストシスターのErinも泣いていた。今、思い出しても泣いてしまう。ホストファミリーやバディ、アメリカの学校でできた友達のことは絶対に忘れない。ホストファミリーがMeson家で、バディがSavannaで本当に良かった。―佐賀県東与賀中学校1年 今福 千晴

私は、英語は比較的自信があったのですが、アメリカで9日間暮らしてみて、自分の英語力はまだまだだと実感しました。特に、ティーンエイジャーは話すスピードが速く、会話についていくのが非常に難しかったです。最初の二日は、「得意なはずの英語がわからない」と悔しくて動揺していました。しかし、よく考えたら、ネイティブスピーカーの人々は、生まれた時から毎日英語を聞いて育っているので、上手なのは当たり前です。環境が違うので、パーフェクトな英語を話せなくてもしかたがないと、やっと三日目に気がつきました。ESL話者として、どこまで英語を上達させることができるのか、もっと長期間英語圏に留学して、自分をためしてみたいです。―長崎県長崎日大高校1年 吉田 匡

今回、ホームステイに参加してみて、多くのことを学び、経験しました。初めて行ったアメリカの学校、初めてできたアメリカの友達、初めてのファーストフード生活など、この10日間は自分にとって、初めてづくしでした。アメリカで同じ年代の子と授業を受けたり、一緒に昼食を食べたり、いっぱい話をしたりして、外国人とふれあってみて、自分にもとっても勉強になることが多かったです。また、家でもホストファミリーとたくさん遊んだり、たくさん話して、10日間ずっと英語に触れていました。時には英語が通じなくて、とってももどかしい思いをした自分がいました。でも、英語が相手に伝わった時は、とてもうれしいでした。英語でのくいちがいもあり、とても苦労しましたが、英語を理解し、話せた自分もいました。出発した時よりも、成長したと思います。これから、少しずつ勉強していき、もっともっといろんな人と交流を深めていきたいと思います。日本に帰っても、感謝の気持ちを忘れずに生活したいと思います。―宮崎県宮崎大学附属中学校2年 門分 優実

私がこのホームステイに参加しようと思った理由は、自分の英語の実力がどれくらいか知りたかったのと、アメリカに興味があったからです。私が一番アメリカってすごいなと思ったことは、学校の授業中に、質問があったりすると、普通に手を挙げて質問したり、「質問ないかー」と先生が聞くと、必ず5、6人が手を挙げることです。日本では、質問したくても出来ないので、いいなと思いました。最初はアメリカ人と話すことに抵抗があり、アメリカ人が話しかけてくれても、学校で習っている英語とは違い、とても速く、何て言っているのか分からず、会話が成り立っていませんでした。けれど、毎日ずっと英語を聞いていると慣れてきて、少しずつ返事ができるようになって、自分から質問したり、話しかけられるようになりました。―熊本県真和中学校2年 八幡 美咲

全然英語を聞き取れない私でも、数日ごとに行ったアメリカンスクールの友達の積極的さに影響されて、身振り手振りが大きくなっていくのがわかりました。一生懸命話しかけてくれるから、私も伝えようと必死になりました。そうしている内に、友達ができて、「Saki!」と名前を呼ばれる回数が増えて幾野がとっても嬉しかったです。教室の大きさや、生徒達の姿から、何もかもが日本とは全然違うけど、伝えようとしたら伝わるってことは、心は一緒なのかもしれません。―大分県稙田西中学校2年 末松 咲季

※学校名、学年は参加当時のものです。

ホーム 会社案内 お問い合わせ サイトマップ 
MNCC 南日本カルチャーセンター 
Copyright © 2017 Minami Nihon Culture Center. All Rights Reserved. http://www.mncc.jp