ホームステイと留学のMNCC
ウィンターホームステイは、中学生・高校生を対象にお正月、年末年始を体験できるプログラムです。

HOME > ウィンターホームステイ > ホームステイの感想|
 
■ 募集要項
■ 研修内容
■ スケジュール
■ ホームステイの感想
■ 説明会
■ 資料請求
■ 申し込み方法
■ 2019年度 活動報告

●ホームステイの感想

 英語への自信の無さからホームステイに参加する直前は正直不安でいっぱいでした。しかし、ホストファミリーの温かい出迎えなどにより、その不安は一瞬でなくなりました。ホームステイ中はアメリカンな食事を沢山作ってくれ、教会や町・スーパーマーケットやゴルフなどアメリカの生活をたくさん体験させてくれて、とても良い経験になりました。自分は今回のホームステイを通して、英語が話せるようになるとより多くの人と友達になれ、仕事ができるようになると実感しました。今回得た経験を活かして、英語でもっと多くの人と関わり、もっと多くの事を知り、学べるようになりたいです。
熊本県天草高校2年 松本 有生

 たくさんの良い経験ができました。一番印象に残ったことは、「アメリカ人との会話」です。アメリカ人は話すスピードがとても速く、2日間は、ほとんど ”笑顔”でいて、会話をただ聞くだけという時間が多かったです。ですが3日目からは自分から話しかけたり、いろいろ質問したりして、ファミリーと会話を多くしよう!と積極的に行動してみました。すると、相手の言っていることが分かる、分からないに関係なくファミリーとの会話が楽しくなってきました。最終日まで頑張って、「Yes or No」や「Did you?」などの反応や返事をしていたため、無意識にそれらの言葉がでてくるようになりました。本当にこのウィンターホームステイの10日間は貴重な体験となりました。こんなに良い経験ができて、私は今とても幸せです!!
宮崎県生目中学校2年 中川 琴美

 僕は初日、ホストファミリーの方達と仲良くできるか、コミュニケーションをとれるかなど、頭の中には不安なことでいっぱいでした。ですが、ホストマザーは日本語で話しかけてくれたり、ホストファザーは理解できてなかったら、ゆっくり話してくれたり、聞き取りやすいように言い換えてくれたり、その家の子どもは学校で習っている覚えたての日本語を使って話しかけてくれました。僕の誕生日の日に、ホストファミリーはサラさんの家で、一緒に参加したグループの人達を含む大勢で盛大に祝ってくれました。僕の誕生日は大晦日でこんなにたくさんの人達に祝ってもらったことがなかったので、とても心に残っています。本当にホストファミリーの人達とグループの皆に感謝しています。
大分県国東高校3年 矢野 皓聖

 今回のホームステイに参加した目的は英語力の向上はもちろん、内気な性格を変え、自分の世界観を広げるためでした。アメリカの人は知らない人ともよくあいさつをするし、飲食店で近くの人と仲良くなってしゃべるということを知ってから、行動を起こし変わることが出来ました。またホームステイ中 日本との違いに驚くことが何度もありました。食事を自分で用意したり、お店で買い物をしたり、日本では体験することのない食事や文化。トライする度 成長することが出来ました。短い間でしたが、ホストファミリーや友達と過ごした日々はとても充実した10日間でした。アメリカで学んだトライする心や積極的に行動するという姿勢をいつまでも忘れることなくこれからの生活にいかしていきたいと思います。
鹿児島県開陽高校3年 淵脇 丈琉

 アメリカに着いてホストファミリーと会い、”10日間うまくやっていけるかな”と少し不安に思った。ホストファミリーは私を笑顔で迎えてくれた。アメリカで日々過ごしていくうちに、ファミリーとの会話や笑顔が増えていった。午前中の学校の授業は難しい英語ばかりで戸惑う事も多くあり大変だった。午後は消防署見学、ゲーム、クッキー作りなど楽しい活動が沢山だった。シアトル終日研修はマーベルミュージアムに行き、めったに見ることができない物を見ることができ良かった。ホストファミリーと過ごす週末は行きたい所に連れて行ってもらい、とても充実した週末になった。そしてさよならパーティーは良いかたちで終わることができたと思う。アメリカ最終日はホストファミリーとハグをしたら涙が出た。”いつでも戻ってきてね”と言われ本当に嬉しかった。ホームステイに参加して自分に自信が持てるようになった。最後の最後まで楽しい思い出ばかりだった。約10日間、みんな本当にありがとう!!
長崎県早岐中学校2年 森田 真生

 僕は、このホームステイプログラムに初めて参加しました。最初は楽しみもあったけど不安のほうが大きく、「自分の英語がアメリカの人に通じるか」や「ホストファミリーや同じグループの人と上手く仲良くやっていけるか」などいろんな事を考えていました。でも、初めてグループの人と会った時から話しかけてきてくれて、いろんなことを話すことができた。ホストファミリーも「明日、何時に起きる?」や「明日、どこに行きたい?」など話しかけてきてくれたので、どんどん自分から話せるようになった。英語は文にして話せないと思ったら、自分が言いたい単語だけでもいいから言ってみると、相手も考えてくれて理解してくれるから、とりあえず言ってみようと思った。店でご飯を注文するときも、食べたいものの名前が分からなくても、「This one」や「That one」などというと、店員さんも指をさして、「あれ?」や「これ?」と聞いてくるので、注文もスムーズにすることができた。このプログラムに今回参加して、初めての海外で年越しができ、初めてのことばかりのいい経験になった。
沖縄県浦西中学校1年 金城 晴翔

※学校名・学年は、参加当時のものです。

ホーム 会社案内 お問い合わせ サイトマップ 
MNCC 南日本カルチャーセンター 
Copyright © 2017 MinamiNihon Culture Center. All Rights Reserved. http://www.mncc.jp