ホームステイと留学のMNCC
アカデミックシニアホームステイは、50歳以上の方を対象とした、国際交流プログラムです。

HOME > アカデミックシニアホームステイ > スケジュール表
 
 
 
 
■ 募集内容
■ ホームステイの特色
■ スケジュール
■ ホームステイを成功させるために
■ 説明会
■ 資料請求
 

スケジュール表 

月日曜日
活動内容
1日目
各県から羽田へ。羽田から成田空港までバスで移動。空路米国へ。米国到着後、期間中お世話してくださる(※1)ティーチャーコーディネーター(TC)が出迎え、バスで滞在地へ。ホストファミリーと対面後(※2)ウエルカムパーティー。
2日目

長旅の疲れを癒し、この週末で時差ぼけを修正してください。ホストファミリー宅で積極的に家庭生活にトライし、家族の一員としての生活をエンジョイしましょう。

3日目
隣近所の方々と、何気ない自己紹介から始まる時間も大切にして下さい。家族と教会へ行くのも地域の方々を知る絶好の機会になります。たくさんの人を紹介してもらいましょう。

4日目

オリエンテーションで、ホームステイやアメリカでの生活についての諸注意の後、歩いて市内見学へ。市長表敬訪問。警察署、消防署などの公共施設訪問。途中で昼食をとり、午後は地元新聞社を訪問し、グループのことを紹介する。夕刻からは、ホストファミリーとティーチャーコーディネーターによる(※2)ウエルカムパーティー。ホストファミリーの手作りの料理で、ゲームや歓談を楽しみましょう。
5日目
午前中はシニアの方々とアメリカの手工芸品を作りながら交流会。日本の手工芸品も持参して一緒に活動する。文化交換会の後、昼食を一緒に食べながら過ごす。その後、地域の不動産物件を数件見学したりして、ステイ地の不動産価格を知ったり、アメリカの家の間取りや装飾のあり方を見学する。
6日目

サンフランシスコへ終日研修。ゴールデンゲートやフィッシャーマンズワーフ、ピア39などの観光地を時間の許す限り訪問。ホストファミリーの方々も可能な限り同行します。

7日目
午前中は、地元小学校を訪問し、子供達と文化交換会。折り紙等の日本の伝統的な遊びで日本を紹介する。午後からは、現地の同年代の方々とボーリング大会。
8日目
午前中から午後にかけて(※3)JAPAN DAYのための準備。夕刻からホストファミリーや地域の人たちを招待して、日本料理や、着付け教室(※4)ガレージセールなどを実施する。また、日本を出発する前に事前に準備した活動を披露しながら、感謝の気持ちを伝え(※5)さよならパーティーも兼ねる。
9日目
ホストファミリーと別れてバスで空港へ。搭乗手続きを終え、約10時間のフライトで空路日本へ。
10日目
日本到着。各県空港へ。各県空港に到着後、解散。

このスケジュールは、大体のひな型であり、実際の詳細にわたるスケジュールは、オリエンテーション時にお渡しします。

(※1)ティーチャーコーディネーター(TC):
ホストファミリーを探してくださったり、現地での様々なお世話をしてくださるアメリカ人の先生(TC/ティーシー)です。イベントの計画やホストファミリーと参加者の間にたち、問題解決したり、相談にのったりします。

(※2)ウエルカムパーティー:
現地についてからホストファミリーとTCの先生が皆さんを歓迎する意味で行う歓迎会です。ホストファミリーの手作りの料理を持ち寄り、ゲームをしたり、たくさんの友達を作る機会になるでしょう。

(※3)JAPAN DAY:
プログラムの一番のメインイベントです。日本を地域の方々に紹介するための一日です。日本の古きよき時代の伝統的遊び、日本舞踊、盆踊りなどとあらゆる日本的な伝統芸能など、本来の日本の姿を理解してもらうための絶好の機会となるでしょう。皆さんの特技や趣味、そして様々なアイディアで、成功させてください。

(※4)ガレージセール:
不要物や手作りのものなどを一般の人達に安価で売ること。日本から不要なものや手作りの物を持っていきましょう。ガレージセールで得られた収益金は、ボランティア活動の一貫で、お世話になったホストファミリーの方々を日本に招待するプログラムの基金として使わせて頂きます。

(※5)さよならパーティー:
皆さん方が主体となり、現地でお世話になったホストファミリーや先生方のために感謝の意味をこめて開催して、彼らを招待するパーティーです。日本料理を作り、楽しい出し物でプログラムの集大成ともいえるパーティーにしましょう。

 

ホーム 会社案内 お問い合わせ サイトマップ 
MNCC 南日本カルチャーセンター 
Copyright © 2013 MinamiNihon Culture Center. All Rights Reserved. http://www.mncc.jp